多良間島

多良間島

多良間島

島全体がサトウキビ畑にが広がる島。多良間で作られる純黒糖は沖縄県民からも人気です。
村の歴史は古く、琉球王朝との交流が盛んだったため、 集落は、沖縄本島の那覇・首里の町にそっくりといわれています。 旧暦8月8日から行われる、豊年祭『八月踊り』(国の重要無形民俗文化財)も、 首里から伝わったとされていて、多数の演目が演じられとても華やか!民俗芸能の島です。 また、島の周りには、ダイビングスポットがたくさん。観光客が少ないので穴場です。
たらまのいい所
島のあちこちにある「トゥブリ(海への出入り口)」と 呼ばれるビーチは、どこもプライベート間があって気持ちいい!
緑が多く集落は「フクギ並木」に囲まれています。平坦な道が多いのでレンタサイクルがおすすめ。 島全体は、意外と広いのでレンタカーもあります。
空港があり、宮古空港間を結んでいます。フェリーと併せてアクセス方法を選択できます。
たらまの不自由な所
多良間島の宿泊施設は民宿が3.4軒、村営施設1軒のため、宿泊する場合は必ず事前予約必須です。
平らな島のためさえぎるものがないので風が強く感じられます。

行き方


那覇空港…飛行機飛行機(約50分) …宮古空港…飛行機飛行機(約20分)…多良間島


もっと見る

多良間島
多良間島の島たび
次のページで島たび一覧が
表示されます。
ご希望の出発空港を選択して島たびをお探しください。
島たびを見る

他の島も見る